「頑張る人」の東京都民銀行

東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」

お金を上手に使うということの中には「お金を上手に借りる」ということも含まれます。ただし、お金を借りるということは、当然返す必要があるわけですから、借りる際には返済のことをきちんと考えておく必要があります。このことから、まだ一定の収入のない学生達は銀行等からお金を借りることはできません。銀行がこういった学生達にお金を貸さないのは回収の見込みの度合いに少なからずリスクがあるからです。

東京都民銀行はこのことに例外を作り出しました。それは東京都民銀行が提供する「大学卒業予定者ローン」という金融サービスです。大学を卒業する時に、卒業旅行を計画することも多いですし、新社会人として新生活を始める際にもお金がかかるものです。これをニーズと捉えて、東京都民銀行はこういった大学を卒業予定する人たちのために、最大で50万円を融資し、働き始めたら返済できるというサービスを提供しています。働き始めてから返済できるというものであるために、融資期間も最長で4年間です。ただし、金利は年8.8%と高めですので、できるだけ早く返済をすることが重要です。

このローンを利用できる期間も決まっていて、卒業が決定して、卒業旅行の計画や就職後の新生活の準備を始める時期である10月から翌年の3月末までです。申し込みには、在学証明書、卒業見込み証明書、学生書等の大学生であることを証明できるものが必要です。あらかじめ返済計画をきちんとたてて上手にお金を借りるようにしましょう。