「頑張る人」の東京都民銀行

東京都民銀行の各種セミナー

NISAが導入されて金融投資に興味を持ち、個人投資家になる人が増えたものの、まだまだ銀行を金庫代りにお金を預け入れるという使い方しかしていない人が多いのではないでしょうか。もちろん、銀行の基本的な役目にはそういうものがありますが、もっと銀行を「お金殖やすための道具」として使うこともできます。

お金を殖やすということの中にも色々な視点があって、元手となるお金を使って、金融投資を行い、じわじわと元本を殖やして行くというものと、節税を上手に行って、出ていくお金を減らすというものです。いずれの方法にも相応の知識が必要で、こういったことに精通している専門家がいるので任せてしまうのが一番手っ取り早い方法ですが、自分でも勉強をすることが可能です。そんな時に助けとなるのは銀行が行っているセミナーです。

例えば、東京都民銀行では、定期的に「相続・遺言セミナー」というものや「資産活用相談会」というものをやっていて、時にはその両方を同時にやっていることがあります。「相続・遺言セミナー」は出ていくお金を減らそうとする「節税」に大きく関係していますし、資産活用は株取引等の金融投資を行い、積極的にお金を殖やそうとすることに関係しています。前者の相続や遺言に関しては、時間的に余裕を持って準備しておくことは大切ですが、人生に何回もあることではないので、まずは「資産活用相談会」といったようなセミナーに参加してみることをおすすめします。

その際には、現金を始めとして自分がどのくらいの資産を持っているのかを把握しておくとよりそのセミナーの活用度が高まります。