北の大地のどさんこバンク北海道銀行

北海道銀行の電子債権サービス

企業が何か商品やサービスを作り出すのにはその材料となるものが必要で、それを仕入れたりするのに企業同士のお金のやり取りがあります。基本的にこの時点での企業同士のお金のやり取りというのは「つけ払い」となります。この「つけ払い」に電子債権が使用されるのが最近の主流です。

電子債権とは、事業者が国から認可を受けた電子債権記録機関がコンピュータネットワーク上で、債権者の名前や支払額、支払期日等の情報を管理していて、事業者がインターネットを通じて債権を売買できるので、期限前でも換金ができ、分割譲渡も可能です。債務者が債権の支払いを終えればデータは消えます。

北海道銀行もこのサービスを提供しています。北海道銀行の場合、このサービスで使用される「国から認可を受けた電子債権記録機関」というのは「でんさいネット」と呼ばれるもので、まず、窓口で申し込みをし、サービスの利用者番号を受け取れば利用を開始できます。北海道銀行のビジネスウェブページからログインして利用します。

このサービスを利用するメリットは、支払企業にとっても納入企業にとってもあります。まず、支払企業にとっては、書類がないので紛失や盗難の心配もなく、手形の搬送コストも削減できます。また、印紙税もかかりません。何より、手形、振り込み、決済等を一本化することで効率化が図れます。一方の納入業者にとっては、紛失や盗難の心配がないのはもちろんですが、取引先の要望に応じて分割や割引も自由に行うことができます。また、自動的に口座に入金されるので、取立を行う心配もありません。手形の払い出しも必要ないので、支払期日当日から現金化をすることができます。

つまり、簡単にいえば、「つけ払い」の手続きを銀行が代わりにやってくれるという感じになるわけです。